素敵な注文住宅で楽しく過ごす【家族を繋ぐ家を建てよう】

耐震と良い会社

模型とスーツの人

耐震等級3相当は確認を

つくば市で注文住宅を建てるとき展示場を見に行くと、多くのメーカーが自分のところの耐震性の良さを宣伝しています。多くのメーカーの宣伝を見ていくと一体どこの耐震が信用できるのか分からなくなってきます。いつ起こるかわからない災害にたいして安心できる注文住宅を建てるためにも正しい耐震の知識が必要です。多くのメーカーが宣伝している「耐震等級3相当」の表示は、どれ位の耐震性が、あるのでしょうか。耐震等級は1から3で表示されていて耐震等級3が一番強くなっています。これは第三者機関である住宅性能評価機関で検査して表示されます。ここで高い評価をもらうと物件の資産価値が上がったり地震保険が有利になったりします。しかし「耐震等級3相当」になると第三者機関である住宅性能評価機関で受けたものではなく、住宅会社が検査して評価したものになるのです。このため実際に耐震等級3の基準を満たしているかどうかは住宅会社によって変わってくることになります。これらのことからも、つくば市で耐震等級3に「相当」がついた表示がされているときは、住宅会社に確認することが重要です。

一番大切なのは信頼関係

つくば市で注文住宅を建てるさい、自分のイメージどおりの家にするためには、どこに依頼すればよいのでしょうか。間違えた選択をして希望どおりのデザインにならなかったり費用が高くなったりしたら困ります。正しい選択ができればイメージどおりの家にすることができます。注文住宅では自分の希望を形にすることも大切ですが、その前に基本的な家の性能が必要になってきます。それは断熱性や気密性、耐震性、耐火性が、あり。他に建ぺい率や容積率、土地の状態、風向き、日当たりが、あります。依頼する会社には、これらを押さえたうえでイメージを形にしてもらわなければなりません。依頼する会社はハウスメーカー、工務店、設計事務所から選択します。それぞれに長所と短所が、あります。一番大切なことは選んだ会社とのあいだに信頼関係が築けるかどうかです。そのためには数多くの会社を訪問して信用できるかどうかを、自分で判断することが必要になってきます。つくば市でも労力と時間を使って粘り強く取り組むことが一番の近道になります。

PICK UP

一軒家

人気の裏に地元住民の努力

足立区は交通の便が更に良くなり、大学のキャンパスの開設も増え、しかも地元住民の努力により防犯対策と緑化計画が強化されています。そのため、以前に比べて住環境が飛躍的に改善されました。今では足立区に新築一戸建てやマンションを求める方々が増えています。

女性

一戸建ての売買動向とは

足立区では中古一戸建ての需要が高まっています。地価の上昇を背景として新築物件の価格も上昇しています。物価が安く住みやすい足立区で、中古一戸建てを購入してリノベーションなどを前提とした購入が増えているのが特徴です。

玩具の家

高齢化が進んでいる

高齢者の増加により、一戸建てからマンションへと移動するケースが増加しています。葛飾区でも同様な動きがあり、葛飾区の中古一戸建ては山の手地域と比べて割安となっているので人気となっています。中古戸建ては安く、自由度の高い良い物件であるといえます。

Copyright© 2017 素敵な注文住宅で楽しく過ごす【家族を繋ぐ家を建てよう】 All Rights Reserved.